失った歯をおぎない、天然の歯のような噛み心地でもっとイキイキとした毎日を!

ごあいさつ

失った歯を補う方法として、今までは入れ歯・ブリッジでの治療が中心でした。
しかし、昨今では歯科医療技術の向上により、インプラント治療をファーストチョイスにするケースも増えてきました。

インプラントは、自身の天然歯に最も近い形で補える方法であり、いつまでも美味しく食事を楽しみたいという方におすすめです。
当院では、「エールガイドシステム」を導入し、顎の骨に穴を開ける際やインプラント埋入時に正確な位置を把握するための外科手術用マウスピースを使用しています。
このガイドがあることで、埋入するインプラントのズレをなくし、ガイドに沿って穴を開けてインプラントを埋入することができるため、治療時間の短縮にも繋がります。
また、当院ではインプラント専門の技工所と連携を図っている為、緻密な計算の上で設計されたインプラント治療を行っております。

「患者さまの負担を限りなくゼロにすること」
これが相武台ゆうデンタルクリニックのインプラント治療で最も大切にしている考えです。
エールガイドシステムを使用したインプラント治療で安全な手術を行い、患者さまの負担軽減に努めます。

Pointインプラント治療で重要視していること

01

「エールガイドシステム」
※サージカルガイドの導入

「エールガイドシステム」について

02

「京セラ FINESIA (ファインシア)」の
インプラントを使用

国内でも長い歴史のある、国産のインプラントを使用しております。 「京セラ FINESIA (ファインシア)」について

03

難症例への対応も可能

04

ガイドデントシステムで安心の保証

05

インプラントの術中動画で
具体的なインプラント治療のイメージを

実際のインプラント治療の動画をご覧いただき、どのような手術になるのか、事前にイメージを持って頂く様にしています。実際の術中動画になるので、より具体的なインプラント治療を知りたいという方には安心できると思います。

Featuresインプラント治療の特徴

インプラント治療は、歯を失った箇所の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を手術で埋め込み、骨とインプラントが結合したことを確認してから、人工歯を取り付ける方法です。
構造的にも、噛み心地や見た目は天然歯のように自然な仕上がりになります。
インプラント治療には一回法と二回法という方法があり、二回法の場合、合計で2回、麻酔下での外科(切開・縫合)処置を行う必要がある為、患者さまの負担になってしまうケースがあります。
そのため、当院では患者さまにかかる負担を最小限にするため、身体面や費用面で負担の少ない一回法を第一選択としてインプラント治療を行うようにしています。

メリット

  • 他の天然歯に影響を及ぼしません
    (歯の負担を軽減でき、削ったりする必要がありません)
  • 自身の天然歯に近い形で歯を補うことができます
  • 自分の歯と同じような感覚でしっかりと噛むことが可能になります
  • 人口歯にセラミックやジルコニアを使用することも多く、審美性に優れています
  • 顎の骨への刺激が与えられあごの骨が痩せるのを防ぐことが出来ます

デメリット

  • 自由診療となるため、費用が高額になるケースがあります
  • 治療期間がかかります
  • 治療が受けられる方の制限があります
    糖尿病・腎(じん)不全・肝炎・心臓病・ぜんそく・リウマチ・骨粗鬆症(こつそしょうしょう)・高血圧・妊婦の方などは治療を受けることができない場合があります
  • インプラント周囲炎のリスクがあります。
    一度打ったら終わりではなく、その後のメインテナンスが重要です

Comparison入れ歯・ブリッジについて

歯を失った場合、インプラント治療のほかに入れ歯・ブリッジが選択肢として上げられます。
それぞれに治療の特徴やメリット・デメリットがございます。

01

入れ歯

歯を失った部分の型を取って人工の歯を作り、ピンク色の床の上に取り付け、それ自体をご自身の歯にバネで引っ掛けるようにして装着します。治療範囲によって、部分入れ歯や総入れ歯など、治療方法が異なります。

メリット
  • ブリッジでは対処できない大きな欠損にも対応可能です
  • 治療が簡単で、保険適用の範囲が広いため、費用を抑えることができます
デメリット
  • 天然歯の2~3割の能力しかなく、硬いものなどが噛みにくくなります
  • 食べ物が挟まって不衛生になりやすいです
  • 歯根が無い状態なので顎骨が痩せてきます
  • 定期的な調整と作り直しの必要があります
  • 装着に違和感を感じる方が多いです
  • 発音に影響を与えることがあります
  • 留め金のバネが目立って見た目に影響します
  • 支えにしている周囲の歯に負担がかかり虫歯になりやすくなります
02

ブリッジ

失った歯の左右両隣の歯を削り、それらを支えに人工の歯を橋のように渡しかける治療方法です。支えの分と合わせて、基本的に義歯3本が1セットとなります。失った歯が少ない場合に適しています。

メリット
  • 違和感が少なく、入れ歯よりも噛む能力が高いです
  • 天然歯と変わらぬ審美性の高い修復ができます
  • 短期間で治療を終えられます
デメリット
  • 失った歯が多い場合には適用できません
  • ブリッジを支えるために両隣の健康な歯も削る必要があります
  • 構造上、食べ物が挟まりやすくなります
  • 歯根が無いので顎骨が痩せてきます
  • 支えにする両隣の歯に負担が大きく、将来的にそれらの歯も失うリスクが高くなります

インプラントをお考えの患者様へ

「歯を削るのは嫌だ」「入れ歯が合わずにストレスがある」といったお悩みがある方には、ぜひインプラント治療を活用していただきたいと考えています。

自身の天然歯に最も近い形で、他の歯に負担をかけずに機能面・審美面の回復が期待できます。できるだけ、歯を失ってしまう前のタイミングでご相談いただき、何年も先を見据えた長期的な治療計画で、患者さまがいつまでも元気で過ごしていただけるようサポートさせていただきます。

こんなお悩みがある方は、ご相談ください

  • 歯がほとんどなくなってしまった
  • 入れ歯が痛くて不快
  • ブリッジの見た目が気になる
  • 怪我で歯が欠けてしまった
  • 他院でインプラント治療を断られた
  • 見た目も機能も追求したい
  • インプラントに興味はあるが手術が怖い
  • 費用がどのくらいかかるか、不安で手が出せない

その他、インプラント治療のことならなんでもご相談ください!
無料相談で対応させていただきます。

Information診療のご案内

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:00
  • △…14:00~17:00
最終受付時間
月・火・木・金…18:40、水・土…16:40
休診
日曜・祝日
アクセス
小田急小田原線【相武台前駅】南口徒歩1分

〒252-0011
神奈川県座間市相武台3丁目42-41

ページトップ